ちゃんと聞こえてる?伝えてあげたい耳の老化

2021年4月2日(金)

早めに行いたい聴力の健康対策

私たちは目や耳からいろんな情報を得ています。しかし、加齢とともに身体器官は衰えていき、目や耳にも「老化現象」が出てきます。耳の老化が進むと聞こえる力が弱くなり、毎日の暮らしの中での楽しみはもちろん、社会生活を安全に過ごす上でも障害が出る可能性があります。そんなときに考えたいのが補聴器の装用です。まだ早い、自分には必要ないと思う高齢者へ、今後も豊かな人生を送るためにも、聴力の健康対策を早めにとることのメリットをご家族から伝えてあげませんか。

生活を楽しくするために大切にしたい耳の健康

「テレビの音量が大きくて、外にも聞こえている。おじいちゃんに小さくするように言ってよ!」
「お母さんと買い物に行った帰り、車からクラクションを鳴らされてヒヤリとしましたよ。車の接近音が聞こえなかったのかしら」
 
暮らしの内外にはさまざまな音があります。その音が心地よいものなら快適なのですが、先のおじいちゃんのようにボリュームを大きくしたテレビ音はほかの家族、ご近所の迷惑音になることもあります。また、おばあちゃんの例のように外出中の信号や車の音、さらには地域の防災放送や豪雨の音が聞き取れない場合には生命の危険にもつながってきます。

聞こえる力が十分にあれば、家族との会話も弾みコミュニケーションをうまく取ることもできますし、趣味の時間も楽しめます。このように、QOL(生活の質)と深い関係があるのが聴力なのです。

ご本人もご家族もストレスフリー、補聴器で聴こえる力をサポート

高齢者と同居していると「大きな声で話し掛けないといけない」というストレスや、
「早く補聴器を着けてほしいけど、プライドを傷つけたくないので、薦めるタイミングが難しい」という悩みを抱えてしまいがちになります。聞こえる力が十分だと、今以上に人生の楽しみ方も幅が広がってきます。だからこそ、ためらわずに補聴器の装用をアドバイスしてください。

ご自分では「老化」を指摘された気持ちになり、不愉快かもしれません。でも先に紹介したように補聴器を着けるメリットはたくさんあります。聞こえ方は人それぞれに異なっていますので、ご自分の聴力に合わせたものを選ぶことが大切になってきます。

安心して補聴器を購入するには、耳鼻科医の診断を受けるか、認定補聴器専門店で相談しよう

補聴器を装用しようと思ったら、まず医療機関(耳鼻科)で診断を受けましょう。近くにかかりつけ医がない場合は「認定補聴器専門店」に相談してください。装用したままでウオーキングを楽しみたい、好きな音楽やテレビなども楽しみたいなど、ご自身のライフスタイルに応じたタイプがきっと見つかります。

認定補聴器専門店とは公益財団法人テクノエイド協会が認定したものです。同協会が定めた業務運営基準を満たし、さらに店舗には補聴器を適正に販売するために必要な知識や技術を持つ認定補聴器技能者が在籍しています。


補聴器は精密機器です。しかも1度合わせたらそれでおしまいではありません。同専門店は対面でコンサルティングやフィッティング、メンテナンス、アフターケアなど、補聴器についてのあらゆる相談に応じてくれるから安心です。アドバイスを受けながら聞こえ方の試聴や周囲の雑音除去など納得するまで体験しましょう。それが装着時のストレス軽減になり、着けて良かった、という喜びに変わります。

   

 

4月30日(金)まで相談会を開催

4月30日(金)まで、大丸福岡天神店 補聴器スタジオ(福岡市中央区天神1-4-1 東館エルガーラ4F)で、聴こえや補聴器装用についてのアドバイスを受けられる「相談会」が開催されます。参加は無料。 聴こえについてのさまざまな知識を得られるとともに、補聴器についてわからないことや、装用にあたっての不安などを相談できます。また、博多大丸カードをお持ちの方は、購入に際して特別価格が適用されます。 ぜひ相談して、聴こえについての明るい未来を探ってみませんか。

 

【店舗情報】
店舗名: 大丸福岡天神店 補聴器スタジオ
所在地:福岡市中央区天神1-4-1 東館エルガーラ4F
お問い合わせ:092-771-0755

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】大丸福岡天神店  補聴器スタジオ

産地から“おうちごはん”を応援!#ながさきのやきものキャンペーン

2021年1月19日(火)

400年を超えて愛され続ける長崎の陶磁器、「波佐見焼」「三川内焼」で食卓を楽しく!

 新型コロナウイルスの影響で“おうちごはん”が増え、「毎日の食卓をもっと楽しもう」と器への関心が高まっています。長崎県を代表する陶磁器「波佐見焼」と「三川内焼」の産地でも、毎年恒例の陶器まつりをオンラインで開催するなど、自宅でお気に入りの器に出会える機会を提供。ファンを広げ続けています。

 全国的な人気を誇る波佐見焼と三川内焼ですが、同じ長崎県内に窯元を築く陶磁器ながら、その歴史をひも解けば「日用器」と「献上品」という全く異なる特徴を持っています。それぞれの魅力を受け継ぎながら400年の時を超えて愛されてきた器なのです。

毎日の暮らしを明るく彩る「波佐見焼」

 長崎県の東彼杵郡波佐見町付近を産地とする波佐見焼。その歴史は400年ほど前、朝鮮出兵から帰国する大村藩主・大村喜前と共に日本にやってきた朝鮮人陶工が、登り窯を築いたことから始まります。藩内で磁器の原料が見つかると特産品として日用食器を作り、江戸時代には染付の生産量が日本一になりました。

 当時のベストセラーとして知られるのが「くらわんか碗(わん)」です。大阪の淀川では、商人が小舟で「あん餅くらわんか、酒くらわんか」と声をかけながら、器に盛った食ベ物や酒を売る商いが繁盛しました。揺れる船上では厚手で重心が低い器が重宝され、かけ声から「くらわんか碗」と呼ばれるようになりました。波佐見焼はその全国有数の生産地だったのです。

 高価で庶民にとって高嶺の花だった磁器を、大量生産によって安価に提供し、庶民の食卓を彩ってきた波佐見焼。しかし長年、近県内の伊万里焼や有田焼として流通してきたため、その名が知られるようになったのは1978(昭和53)年に国の伝統的工芸品に指定されてからでした。

 暮らしに根付いて発展した波佐見焼は、今でも和食器の出荷額で全国第3位という人気ぶり。近年モダンなデザインが注目され、お手頃で“インスタ映えする器”としても話題を集めています。

技を極めた美術品のような「三川内焼」

 一方の三川内焼は、長崎県の佐世保市周辺で生産される陶磁器です。朝鮮人陶工により開かれた窯が始まりだという点は波佐見焼と同じですが、それからの道のりはかけ離れています。 
 当初、平戸で窯を開いた陶工・巨関は、息子と共に質の良い陶石を探し、三川内(現佐世保市内)で白磁鉱を発見。平戸藩主・松浦隆信の命により藩用の製陶所を開き、藩の庇護の下で技術を高めていきました。精巧な技術が高く評価され、将軍や大名、天皇に献上。17世紀後半には海外へも輸出されます。

 三川内焼の代表作の一つは、献上品に用いられた唐子の染付。3人、5人、7人の唐(中国)の子どもたちが遊ぶ様子が描かれており、7人が最上とされています。また、精密な透かし彫り、光に透けるほど薄いエッグシェルなど数々の技法を開発。透き通るような白磁の美しさと優雅なデザインで、ヨーロッパの王侯貴族なども魅了してきました。明治期になると一時衰退したものの、地元の豪農により伝習所が設立され、技術が伝承されました。  

 細い筆で描く染付で「まるで1枚の絵のよう」と評される三川内焼。技術の粋を結集した伝統の高級品はもちろん、庶民的な日用品まで、今では多彩なやきものが生み出されています。

写真投稿で2万円ギフト券などをプレゼント!“おうちごはん”応援キャンペーンに応募しよう

 時代の波にもまれながらも400年という長い歴史をつないできた波佐見焼と三川内焼は、「コロナに負けず頑張って!」と食卓から私たちを励ましてくれているような気がします。

 今、長崎県では、産地から“おうちごはん”を応援しようと「#ながさきのやきものキャンペーン」を実施中。波佐見焼か三川内焼を使ったおうちごはんの写真を撮り、「#ながさきのやきもの」をつけてインスタグラムに投稿した方の中から12名様に、1~2万円のギフト券や5,000円相当の波佐見焼セット、7,000円相当の三川内焼セットをプレゼントします。

 おうち時間が増えたこの機会をプラスに捉え、器にこだわり、日々の暮らしをもっと楽しみませんか。 

 

【キャンペーン期間】 2021年1月25日(月)~2月21日(日)
【応募方法】
①Instagramの公式アカウント「@nagasaki_no_yakimono」をフォロー
②お気に入りの写真を撮影
③「#ながさきのやきもの」のハッシュタグをつけて投稿

 

キャンペーンの詳細はこちらから。

波佐見焼振興会

三川内焼オンラインショップ

 

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】長崎県 産業労働部 企業振興課 産地振興班

放送大学オンライン講演会で学ぶ「コロナ禍の社会心理学」

2020年12月25日(金)

西日本新聞社は放送大学の教授の講義をオンラインで体験できる講演会を実施します。

各分野のトップクラスの講師陣がそろう同大学の中でも、人気の高い森津太子教授による講演会「社会的距離をとるということ―コロナ禍の社会心理学―」が行われます。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための対策として知られるようになった「ソーシャル・ディスタンス=社会的距離をとる」ということ。しかし、WHO(世界保健機関)が「社会的」という言葉を使うことの悪影響を懸念しています。

他者と社会的距離をとることの悪影響とは? 社会心理学の視点から、コロナ禍での人間の行動や心理を考えます。

 

講演会概要

■テーマ 社会的距離をとるということ –コロナ禍の社会心理学-

■講 師 放送大学教授 森 津太子氏

■日 時 2021年1月16日 (土)14:00~

  ※オンライン(Youtube Live)  接続開始: 13:30~

【当日スケジュール (予定)】

開          演 / 14:00~    

講          演 / 14:05~  

休          憩 / 15:15~  

質 疑 応 答  / 15:25~  

大学案内・質疑応答  /  15:35~ 

   

■定 員 オンライン参加  500人 (専用URLより閲覧可能)

※受講には、事前予約が必要です。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当初予定しておりました会場(エルガーラホール)でのイベント開催は中止とさせていただきます。オンラインでの配信のみ予定通り行わせていただきます

注意事項

・ご記入いただいた個人情報は西日本新聞社が配信URLの通知に使用いたします。また、放送大学からの大学案内(メール等)のために利用させていただきます。

・メールアドレスは間違えて入力するとご連絡が出来ないため、お間違いのないようにお願いします。

 

オンライン参加の方へ

・インターネットデータ通信料は各自でご負担ください。

・オンライン参加者のご質問は、Youtubeのチャット欄にて承ります。

・Youtubeへの質問投稿には、Googleのアカウントが必要になります。(視聴のみの場合は不要です)

    Google アカウントをお持ちでない方は事前に登録をお済ませください。

よくあるご質問

Q.  接続するURL(リンク)はいつ送られてきますか?
A.  講演会の前日に「リマインダー」がメール送信されますが、そこに記載されます。

Q.  当日、うまくアクセスできない場合はどうしたら良いですか?
A.  誠に申し訳ありませんが、インターネット環境などの問題で、当日接続がうまく行かない方には、こちらでの対応はできません。

Q.  先生への質問はできますか?
A.  YouTubeの投稿画面にコメントいただければ、その中から時間の許す範囲で取り上げて、講演後に先生にお答えいただきます。

問い合わせ

西日本新聞社メディアプランニング部 
℡092-711-5490 

※土・日・祝日を除く9:30~17:30

企画・制作 / 西日本新聞社

中古住宅の売却や購入をご予定の方、「住まいの健康診断」はお済みですか?

2020年11月25日(水)

 中古住宅の売却や購入を考えている方の中には、「古すぎて売れないかも…」「築年数が長いから安全性が心配」などお悩みの方も多いのでは。

 住まいも人間と同じ。年月を重ねて具合が悪くなることもありますが、骨格が丈夫な建物などは築年数が長くても見た目以上に長持ちします。住まいも私たちのように、健康診断などで状態がわかっていると売主も買主も安心ですよね。

 一般財団法人 福岡県建築住宅センターでは、建築士(既存住宅状況調査技術者)が調査を行い、売買予定の中古住宅の状態を明らかにする「住まいの健康診断書」を発行。売主、買主どちらにとってもメリットがある事業を行っています。

信頼の「住まいの健康診断書付住宅」

 「住まいの健康診断」では、国の定める基準に従い、目視や非破壊検査を実施。構造や雨漏り、設備配管などを調べて報告書にまとめます。「住まいの健康診断」済みの住宅は、「住まいの健康診断書付住宅」として、不動産会社の情報サイトなどで情報提供をされることになります。

 「住まいの健康診断」を申請できるのは、
① 敷地が福岡県内であること
② 売却(購入)予定であること
という2つの条件を満たした中古の一戸建て住宅(主たる建築物)又は共同住宅(住戸単位)です。ただし新築後1年以内の住宅で居住実績のないものは除きます。不動産事業者を通して申請します。

 また、「住まいの健康診断」を受けた物件は、調査済みの信頼できる物件として「福岡県既存住宅流通・多世代リノベーション推進事業補助金」(以下、リノベ推進事業)の対象物件になります。

買主のリノベ費用の一部に補助を受けることができる、「住まいの健康診断書付住宅」

 リノベ推進事業は、福岡県が既存住宅の流通を進め、若年世帯や子育て世帯に対して住宅取得に係る経済的支援を行い、高齢者や子育て世帯などが共に安心して暮らすことができる多世代居住を促す取り組みです。
 

 この補助は、「住まいの健康診断」済みの中古住宅又は親世帯の持ち家を子育て仕様等にリノベーションする際に受けられます。住宅ローンの優遇などの特典もあります。

 具体的には、若年世帯(※1)や子育て世帯(※2)が中古住宅をリノベーションして住まう場合に、一部工事費用が補助対象になります。例えば、子育て世帯が中古住宅を購入して住む場合、「子育て対応改修」工事にかかる費用の3分の1(上限25万円まで)を補助。また、親との近居・同居の場合は、「高齢化対応改修」工事費の3分の1(上限15万円まで)も併せて補助対象となります。

※1 若年世帯:配偶者(婚姻の予約者などを含む)との年齢の合計が80歳以下である世帯
※2 子育て世帯:同居者に18歳未満の者または妊娠している者がいる世帯

 「住まいの健康診断」のメリットは、中古住宅の売主にとっては、持ち家の状態を確認でき、補助対象の物件としてアピールできること。また、買主にとっては中古物件の様々な情報を得ることができること。売主と買主、どちらにも有益な取り組みです。

 お問い合わせは、下記の通り。

【問い合わせ】
●「住まいの健康診断」について 
一般財団法人 福岡県建築住宅センター TEL:092-781-5169
http://www.fkjc.or.jp/jigyo/shindan.php

●「福岡県既存住宅流通・多世代リノベーション推進事業補助金」について
福岡県建築都市部住宅計画課 住環境整備係
http://www.fkjc.or.jp/kikaku/renove/hojo.html

企画・制作:西日本新聞社 メディアビジネス局

PR:西日本新聞社

 

11/5~配信開始 【[伝え方]と[情報通信]のプロが語るニューノーマルな働き方】 オンラインセミナー

2020年10月13日(火)

 With/Afterコロナ 働き方はどう変わる?

コロナ禍において働き方の新常識となったテレワーク。

大きなメリットがある一方、短期間での対応が急務とされ、仕事の進め方や変化に戸惑う声、安心安全な環境構築ができないといった課題も浮き彫りとなりました。

本セミナーでは、九州を拠点に活躍する髙田氏、岩崎氏のお二人から[ニューノーマル(新常態)に対応したこれからの働き方]について、With/Afterコロナで変わるビジネスの形についてトークセッション形式で深堀りしていきます。

これから「働き方改革」の一つとしてテレワーク導入を検討している方、導入したもののセキュリティ面に不安が残る方は、ぜひこの機会を見逃すことなくお気軽にご参加ください。

 概要

・公開期間:2020年11月5日(木)10:00~11月17日(火)17:00まで

・参加費 :無料

・申込方法:事前申込制 ご応募はこちらから→https://n-oubo.com/

プログラム

■トークセッション:ニューノーマルな働き方

九州の財界人が考えるこれからの働き方とは。必見のトークセッションです。

株式会社A and Live 代表取締役社長/株式会社ジャパネットたかた創業者 髙田 明 氏
株式会社QTnet 代表取締役社長 岩﨑 和人 氏       

(写真左:髙田氏、右:岩﨑氏)


■QTnetにおけるニューワークスタイルの取組み事例

株式会社QTnet 取締役 上席執行役員 ヒューマンリソースストラテジー部長 上野 正 氏

 

 

 

 

 

 

 

【問い合わせ】
西日本新聞社 メディアプランニング部
TEL:092-711-5490 9:30~17:30
※土日祝日を除く

主催:西日本新聞社、協賛:QTnet

 

企画・制作:西日本新聞社 メディアビジネス局

PR:西日本新聞社

 

幻のブランド牛・壱岐牛を自宅で堪能!オンラインショップ「壱岐なお取り寄せ」

2020年9月18日(金)

実りの島、壱岐グルメをご自宅で

実りの島とも言われる長崎県の離島「壱岐」。海の幸や山の幸に恵まれ、壱岐でしか味わえないグルメもたくさん。そんな食の宝庫・壱岐の旬の食材や特産品などを集めたオンラインショップ「壱岐なお取り寄せ」が好評です。


長崎県壱岐島は、九州の玄界灘に浮かぶ離島。福岡市からは高速船で約1時間、長崎空港から飛行機で約30分とアクセスも良く、観光地として人気を集めています。その魅力は多彩です。時間帯によって色や表情を変える美しく澄み切った海や、貝殻が砕けてできた天然の白砂ビーチ。また、島内に150以上の神社が点在し、島自体がパワースポットとも言われています。


さらに人々を魅了するのが、壱岐の雄大な自然が育んだ豊かな食の数々。鮮度抜群のウニやアワビ、寒ブリなどの魚介類、壱岐生まれ、壱岐育ちの牛肉、400年以上の伝統の技を受け継いだ麦焼酎など壱岐でしか味わえない逸品が、訪れた人々の心をつかんでいます。壱岐のグルメを求めて訪れる人も数多くいます。

全国から注文。「壱岐なお取り寄せ」が好評

そんな壱岐ならではのグルメをもっと多くの人に知ってもらおうと、一般社団法人「壱岐市ふるさと商社」が運営するオンラインショップが「壱岐なお取り寄せ」です。自宅にいながら手軽に壱岐グルメが楽しめるとあって、全国から注文が寄せられています。


注目商品は、「『極上』素直な恋たまご 黄金〇(こがねまる)」(12個入り、1,620円/特性化粧箱入り)、「壱岐味鶏(いきみどり)一羽まるごとセット」(ムネモモ、手羽先、手羽元、肝など計1キロ前後、2,000円)、「壱岐特産スイーツ詰め合わせ」(12個、2,160円)などなど。どれも壱岐の生産者や事業社が、丹精込めて開発した独自のおいしさにあふれています。
オンラインショップには、壱岐産の特長ある食材や特産品など常時30点ほどが並びます。

壱岐の自然が育てるおいしさをご自宅で。贈答にも

中でも独特のうま味を誇るイチ押しの壱岐グルメが「壱岐牛」。年間出荷数がわずか900頭ほどのため“幻の銘牛”とも呼ばれています。全国和牛能力共進会で内閣総理大臣賞を受賞したブランド牛です。

古くから大陸の文化を受け入れてきた壱岐は、和牛伝来の地との説もあり、飼育には歴史が息づき、愛情を持って取り組まれています。黒毛和牛の壱岐牛は、海沿いの広々とした草地に放牧され、潮風を受けてミネラルをたっぷり含んだ牧草を食べて育ちます。ノンストレスな環境の下、柔らかい肉質、軽やかな甘みのある脂質が生まれるのです。赤身の味わいが深く、美しい霜降りも特徴です。

また、消費者に安心な牛肉を届けられるよう、徹底した個体管理・トレーサビリティシステムを導入しています。今年の食欲の秋は、壱岐牛をたっぷり味わってみませんか。壱岐の自然が育てた希少なブランド牛「壱岐牛」は、オンラインショップ「壱岐なお取り寄せ」でも取り扱っています。贈り物にもおすすめです。

■壱岐牛カルビ(焼肉用)400g×1箱、壱岐の塩5g×2袋、ゆず塩5g×3袋付
 1箱 金額  6,000円(消費税・送料込) 
 2箱 金額 10,600円(1箱あたり5,300円)
 ※但し、同じ場所への発送に限ります。


「壱岐なお取り寄せ」公式ページはこちら

【お問い合わせ】
一般社団法人壱岐市ふるさと商社
所在地:長崎県壱岐市芦辺町箱崎中山触2575-22 芦辺港フェリーターミナル2階
お問い合わせ:0920-48-2501

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】一般社団法人壱岐市ふるさと商社

福岡の格安ホームページ制作「ばりよか」 月額9800円!【西日本新聞社】

2020年8月19日(水)

個人事業主・店舗経営者・中小企業むけホームページ運用・更新サービスBARIYOKA(ばりよか)

 消費者が買い物する際に、インターネットでサービスや商品を事前に検索し、情報収集することは、当たり前のアクションになってきました。そんな中、企業や店舗にとって自社のホームページ(HP)は、情報発信やコミュニケーションに非常に重要なツールと位置付けられています。

 しかし重要だとは理解しつつも、特に個人で会社や店舗経営を行う人にとっては、制作費・管理費用などのコストや、運用や更新にかかる手間から、ハードルが高く感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 また実際に作ってはみたものの長い間更新ができておらず、古いままの情報が放置されているHPを見かけることも少なくないように思います。

 そんな個人事業主・店舗経営者の方におすすめしたいのが、ラシン株式会社と西日本新聞社が共同開発した格安ホームページ制作・更新サービス「BARIYOKA-ばりよか―」です。

 

制作費ゼロ、保守管理費 月額9,800円

 そもそもいくらが適正かも、いまひとつわかりにくい印象があるHPの費用。見積もりをとってみると、制作費用に数十万ということであきらめていた、という話を伺ったこともあります。

 一方、BARIYOKA(ばりよか)の制作費は無料。かかってくるのは月額9,800円(税別)の保守管理費用のみです。(初回のみ5,000円の契約手数料が発生。また制作費は内容によって別途費用が発生するケースがあります。)

また定額制のサービスにありがちな、年間契約や解約違約金等のしばりもありません。

福岡の格安ホームページ制作は「ばりよか」

 

プロによる取材~制作と更新作業でクオリティも確保

 格安な料金設定ですが、制作にあたってはプロのライターが取材・デザイン・文章作りをおこない、会社や商品の魅力をしっかりと発信してくれる点も魅力。

 また月額の保守管理費用の中で、担当スタッフが情報更新や修正作業もおこなってくれます。手間をかけず、低コストで「鮮度の高い情報発信」を継続していくことができそうです。

福岡の格安ホームページ制作は「ばりよか」

 

HPを手軽に、身近に

 現在、実際にサービスを利用しているのは、飲食店やエステサロン、美容室、税理士事務所など、中小企業や個人で会社・店舗を経営されている方が多いそうです。

 HPを手軽に、身近に活用することで、消費者との距離がより近くなる、そんな可能性のあるサービス。過剰なコストや手間がかからないので、これまで導入のハードルが高いと感じていた方も、この機会に改めて検討してみてはいかがでしょうか?

 

 
企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

PR/ラシン株式会社・西日本新聞社

「福岡市生き活き!体操タイム」毎朝10時から放送中!

2020年6月1日(月)

 おうちで過ごす時間が長くなり、運動不足が気になりますよね。 
 J:COMチャンネル(11ch)では、毎朝10時から健康づくりや介護予防を促進する番組「福岡市生き活き!体操タイム」が放送されています。家でもできる簡単な体操で運動不足やストレスを解消してはいかがですか?


<放送内容1>みんなでよかトレ

 毎日の生活に+10(プラス・テン)の習慣を。 今より10分多く体を動かすことで、生活習慣病予防やロコモ予防、認知症予防につながります。毎日の生活に+10(プラス・テン)の運動を取り入れ、健康寿命を延ばしましょう。
 今回は福岡市制作「よかトレ」より、「かんたん体操(きらくにコース)」「足元気体操」「祝いめでた体操」が放送されます。

<放送内容2>健口いきいき体操

 福岡市などが運営する「福岡ヘルス・ラボ」で認証された第一興商のDKエルダーシステムによる、「うたと音楽」のチカラを使って楽しみながら継続できる効果的な機能訓練・介護予防プログラム。懐かしいあの曲に合わせて歌いながら体を動かし、身も心もスッキリ!

「福岡市生き活き!体操タイム」
■放送チャンネル:J:COMチャンネル福岡(地上11ch)
■放送日時:2020年5月30日(土)から、毎日(月~日曜)10時00分~10時25分
■放送スケジュール:
「みんなでよかトレ」
530日(土)~67日(日) 1000分~1025
6
15日(月)~621日(日) 1000分~1025
「健口いきいき体操」
68日(月)~614日(日) 1000分~1025
6
22日(月)~630日(火) 1000分~1025

福岡市介護予防応援WEBサイト「みんなでよかトレ」

J:COMチャンネル福岡「福岡市生き活き!体操タイム」

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

PR/福岡市 保健福祉局

交通事故の死傷者ゼロへ。進化する予防安全技術 【Fukuoka FUN LIFE Projet ~高齢ドライバーによる事故を減らすために~】

2020年3月23日(月)

 昨今、社会問題となっている高齢ドライバーのペダル踏み間違いによる重大な事故。トヨタ自動車が新たに開発した「急アクセル時加速抑制機能」は事故の防止に大きく役立つと期待されています。同社は「交通事故による死傷者ゼロ」の実現を目指し、ドライバーをサポートするさまざまな予防安全技術の進化や性能向上に取り組んでいます。

障害物がなくても急加速を抑制する新機能

 高齢ドライバーは他の世代に比べて、ブレーキとアクセルの踏み間違いなど、運転操作のミスによる事故の割合が高いといわれます。トヨタ自動車は2012年から新型車に、駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えた時、警報と被害軽減(自動)ブレーキで被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を導入。現在32車種(※)、83%の車両に搭載され、事故を未然に防ぐ安全技術として、高い評価を獲得しています。

 従来のICSは壁など障害物がある場合の踏み間違い事故に対応していました。今回、新たに開発された「急アクセル時加速抑制機能」は、ペダルの踏み間違いなどで発生する異常なアクセル操作を特定し、障害物がなくても加速を抑制する設定がされています。最新ICSの導入は今年の夏に販売する新型車から始まり、同時期にこの機能を備えた後付けの「踏み間違い加速抑制システム」も登場する予定です。

※車種数はトヨタ(26車種)、レクサス(6車種)の合計

今年中に最新型「Toyota Safety Sense」登場

 トヨタ自動車は交通死亡事故の多くを占める「歩行者事故」「正面衝突・車線逸脱」「追突」のリスクを回避する予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)」を2015年に開発しました。現在、世界108の国と地域で、累計1600万台の車両に搭載されています。2020年内には、より多様なシーンでのリスクに備え、現在レクサスLSに搭載している先進安全技術パッケージの一部機能を追加した最新型の「Toyota Safety Sense」を導入していく考えです。

最新型「Toyota Safety Sense」の代表的な機能
歩行者回避のためハンドル操作をアシスト
■緊急時操舵(そうだ)支援PCS
 

 不意に車道にはみ出した歩行者に対し、被害軽減(自動)ブレーキを作動させるとともに、ドライバーの操舵回避をアシスト。その後の路外逸脱を防止支援します。

ドライバーの体調急変を察知
■ドライバー異常時車両停止支援システム

 ドライバーが体調急変などで無操作状態が続く場合、警告すると同時に、ホーンとハザードランプで車外に異常を知らせながら徐々に車両を減速、停車させます。停車後はヘルプネットに自動で接続し、ドライバーの救命・救護をサポートします。

安定、快適なカーブ走行を実現
■スピードマネージメント機能付きレーダークルーズコントロール&LTA

車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートする「レーントレーシングアシスト(LTA)」の作動時に作動。カーブ手前であらかじめ減速するとともに、カーブの大きさに合わせて速度を調整することで快適な走行を実現します。

 日本国内の交通事故死者は減少傾向にあるものの、依然として3000人を超える尊い命が失われています。重大な事故を1件でもなくすことを願い、トヨタ自動車は、安全な車の開発はもちろん、ドライバーや歩行者への啓発活動などを通じて、「交通事故による死傷者ゼロ」への歩みを進めています。

トヨタの予防安全技術を体験できるイベントを実施中
https://toyota.jp/safety/event/
サポカーに関するご相談はお近くのトヨタ販売ディーラーへ

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】トヨタ自動車

あなたにピッタリのカリキュラムや受講スタイルで志望校に向けた確かな一歩を【代々木ゼミナール福岡校】

2020年3月12日(木)
「体験授業」「春期体験セミナー」で納得して選べる

 まもなく新学期。この春、高校に入学する新高1生はもちろん、大学受験が近づいてくる新高2・高3生も、新学年の学びに対してちょっぴり不安を感じているのではないでしょうか。また、もう1年頑張って志望大学を目指す高卒生の中にも、「これまで通りの勉強法で合格レベルまで学力を伸ばせるのか?」といった不安や迷いを感じている人が、少なからずいるはずです。そんな気持ちを「自信」に変えるため、代々木ゼミナール(以下「代ゼミ」)福岡校は現在、新高1~高3生向け『高校生コース』、高卒生向け『大学受験科』の新学期申し込みを受付中です。

新高1~高3生のための万全のサポート体制が頼もしい!!

 暗記だけでは太刀打ちできない「大学入学共通テスト」をはじめ、教科書に載っていないような難問、一部大学で課される小論文など、近年の大学受験には、高校受験には無かった数多くのハードルがあります。

 もちろん、高校生にとっては初めての経験ですから、大学受験の現状を知り尽くした講師・スタッフなどのバックアップが不可欠。代ゼミ福岡校の『高校生コース』は、専任スタッフをはじめ出席管理、学習管理サポート、ホームルーム、保護者向けサポートなど、生徒1人ひとりに親身に寄り添う充実のサポートシステムが特長の1つです。さらに同校の講師陣は、受験界“最強”との呼び声が高い実力派揃い。生徒からの質問や添削指導、学習相談にも親身に応じてくれて、学びの楽しさを実感させてくれるでしょう。

 「対面授業」「映像授業(フレックス・サテライン)」の2種類から、自分に合った受講スタイルが選べるところも高校生コースの特長。コンパクトな教室で行われる対面授業では、講師が生徒1人ひとりの表情や理解度を確認しながら授業を進めます。一方の映像授業は、一時停止や早送り・早戻しといった映像ならではの機能を活用し、理解度に合わせて授業を受けられるところが注目のポイント。

 “緊張感がある雰囲気で勉強した方が真剣になれる”という生徒には、対面授業が向いているでしょう。一方、広く快適な個別ブース、もしくはお持ちの「タブレット端末・スマートフォン・PC」で集中して授業を受けられるだけでなく、受講スケジュールを自分で決められる映像授業は、勉強と部活動などを両立したい生徒にオススメです。

高卒生は1人ひとりに合わせたカリキュラム「オリカリ」で合格目指してまっしぐら!!

 万全のサポート体制と、実力派揃いの講師陣が魅力の代ゼミ福岡校。高卒生対象の『大学受験科』では、国公立大の理系・文系がともに7コース、私立大理系4コース、同文系5コース、医系が国公立大と私立大で計5コースと、自身の学力や志望校に合わせたコースを選択できます。

 その中でも、特に“代ゼミならでは”と言えるのが、個々の受験生の得意・不得意分野に合わせた個別カリキュラムを受講できる「オリカリ(オリジナルカリキュラムコース)」です。

 例えば、国立難関大の理系学部を志望していて、数学は得意だけど英語が苦手…という受験生の場合、一般的な予備校だと、得意な数学にあわせたハイレベルコースか、苦手な英語にあわせた基礎~標準レベルコースかの、どちらかしか選べません。しかし、代ゼミの「オリカリ」なら、得意な数学は「ハイレベル」、苦手な英語は「基礎~標準レベル」と、個々のレベルに合わせて科目ごとに調整が可能。

 また、授業ごとに対面授業か、個別ブース席での映像授業かを選べるほか、複数担当講師がいる授業では、より相性が良いと思える講師を選ぶこともできます。さらに、成績が伸びてきたら高いレベルの講座に変更したり、志望校が変わった場合は大学別対策講座を変更したりと、開講後も年4回まで時間割の変更ができます。

 なお、大学受験科には「スカラシップ(学費減額)制度」が設けられており、「入学コース診断テスト」の結果や過去に受験した模試の成績によっては、学費が全額または一部免除になる場合も。代ゼミ福岡校で実施される入学コース診断テストの日程は、ホームページ(yozemi.ac.jp/ad/fukuoka/20200215/)でご確認ください。

「体験授業」や「春期体験セミナー」で他の塾・予備校との違いを確認

 新高1~高3生にとっては、「高校生なのに予備校に通えるの?」という疑問があるかもしれません。高卒生にとっても、受験前の大切な1年間通うのですから、「他の予備校の授業とはどこが違うの?本当に合格に近づけるの?」などの疑問があるでしょう。

 そこで代ゼミ福岡校は、高校生コースの入会説明会や説明会後の個別相談会、新学年講座4講座への無料招待、4月から始まる講座の体験授業である春期体験セミナーなどを通じて、新高1~高3生が納得して代ゼミに通えるよう準備しています。4月30日(木)までに高校生コースに入会すると、「高校メイト会員」の入会金1万6500円(税込)が無料(窓口での申込のみ)になるチャンスも。

 高卒生向けにも同様に、入学説明会と説明会後の個別面談、体験授業などを実施。大学受験科のカリキュラムやサポート体制などについて詳しく説明しながら、学校紹介を行います。また、大学受験科の説明会も、参加すると授業料5万円の減額カードがもらえる特典付きです。

代ゼミ「高校生コース」「大学受験科」新学期講座

この春、代ゼミで始めよう。

 高校生コース、大学受験科とも、説明会・体験授業への事前のWeb予約が可能。説明会や体験授業の日時・Web予約の詳細などは、ホームページでご確認下さい。

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】代々木ゼミナール福岡校